【女性視点エッチ体験談】おっさん二人にレイプされたことから、性癖に目覚めてしまった。

父親と同じくらい年の離れたおじさん二人とエッチしました。
本当はレイプだったのですが、私が感じてしまったためこちらに書きます。
1人暮らしの友達と同じマンションに住むおじさんとその仲間に襲われました。
私が友達のところへ遊びに来るのを何度か見ていて、目をつけられたようです。
友達のところから帰る時、おじさんの部屋へ連れ込まれました。
すぐに状況は理解しましたが、二人の力に敵うはずはなく…。
おじさんは一人が服を脱いでいる間、もう一人が私に抱きつきキスをしてきました。
そうして二人が裸になると、私の服を脱がしてきました。
「やめてっ!助けて!」
と叫びましたが、助けはきませんでした。
セーターとシャツを脱がされ、ブラを取られ、両胸を舐めまわされました。体はつかまれていて、逃げることはできません。
大きく口にふくんだり、乳首を転がしたり甘噛みしたり。両方の胸を同時に舐められたのはもちろん初めてで、嫌悪感でいっぱいの中でのその刺激に戸惑いました。
いつの間にかおじさんたちは胸を弄びながら、私の足を開かせ、おしりをもみほぐし、あそこのわれめをなぞってきました。
われめを何往復も指が這いまわり、こんなに一度にいろんな場所を責められるショックで、犯される恐怖よりも、おかしくなってしまいそうな自分に恐怖を感じていました。
「お願い。やめてください。そこはやめて」
と懇願すると、おじさんはやっと離してくれ、少しほっとしたのも束の間でした。当然これでやめてくれるわけはなかったんです。
仰向けに寝かされ、一人は両手で乳首を、一人は足を開かせクリを集中的にさわってきました。
よがる私を二人は楽しそうに眺めながら
「そこはダメってことは、ここがいいんだろ」
「ほら、こんなに感じて。犯されて喜ぶなんて、見かけによらず淫乱だね」
とエッチな言葉をあびせてきました。
襲ってくる快感から逃げようともがけばもがくほど二人は喜び、もっと刺激を与えてきて、でもいきそうになるとやめて、を繰り返してきました。
本番前にへとへとになって脱力すると、二人は私の体を解放し、体中をなめまわしてきました。
正直ただただ気持ち悪かったです。
でも、普段は全く感じないところでも、体が反応してしまい、声も出てしまいました。
舐めるのに満足すると、やっと挿入されました。
もう、おちんちんがほしくて仕方がない状態で、いれられた瞬間涙が出てきました。
1人が私を膝枕のようにして乳首をいじり、1人が正常位で挿入したのですが、いれてもすぐ出してしまい。ちょっといれては出してを繰り返してて。
朦朧としていてあまり覚えていないのですが、私がおねだりをしてやっと入れてもらえました。
奥まで挿入すると、おじさんは「もうダメだ!我慢できない」と叫んで、激しくついてきました。
おじさんはすぐにいってしまったのですが、すぐに二人目に挿入され、二人目が果てた時には一人目は復活をしていて…
私は休む間もなく犯され続けました。
一晩中エッチをして帰る時に、また来る約束をさせられました。
無理やり約束をさせられ…という体なのですが、今まで感じたことのない快感の連続に、私の体がおじさんを求めていました。
脅されたから、と自分に言い訳をし、またおじさんたちに抱かれに行ってしまう自分がいます。
おじさんたちも初めからそのつもりで、最初はとにかく私を感じさせておかしさせることだけを考えて犯したみたいです。
まんまと策にのってしまったわけですが、やめられそうにはありません。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です